2015年4月30日木曜日

カスタム制作工程4

カスタムメイドフェザーワンドの制作工程 その4


制作中、リラックスするためのツールとして、音楽をかけたり、フランキンセンスのエッセンシャルオイルの香りをかいだりしながら作業しています。

さて、粗方デッサンができると、現時点での詳細を書き込んで、そこからどんな色合いか、どんな材料でいくか見ていきます。
まず最初に決めるのはグリップ部の材です。流木でいくかクリスタルでいくか。
これはデッサンの時点で既に明らかになっています。ここの部分でそのフェザーワンドの印象に大きく影響します。
流木の場合で説明していきます。
ストックにぴったりのものがない場合、まず流木拾いに川や海に行きます。
拾って来た流木はそのままだと汚れていたり、小石が詰まっていたりするのでまずきれいに水洗いします。そして乾燥させた後、風化して弱くなっている部分や、ザラザラした所や、手に持った時に痛かったり違和感がある部分を削ったり磨いたりします。
粗削りが済むと、彫刻刀や細かなサンドペーパーで木肌を丁寧に整えます。
形整が終わると、次にコーティング作業です。そのままでは過度の乾燥が進み、自然劣化してしまう場合があるので、長期使用を前提にコーティング剤を塗布します。
このグリップ部の作業はけっこう時間のかかる作業です。彫刻中は特に瞑想状態になっています。

これでひとまずグリップ部の準備が済みました。


つづく

2015年4月29日水曜日

カスタム制作工程3

カスタムメイドフェザーワンドの制作工程 その3


道具に関しては、一般的な工具一式の他にレザークラフト用具があります。
グリップ部の革を巻いて革ひもで編み込むためにレザークラフトの技術をつかいます。
これも独学で習得しました。

グリップ部は流木を使う場合とクリスタルを使う場合の2通りが今のところありますが、流木を使う際、それを洗浄・乾燥させた後、彫刻・形整してから自然劣化を防ぐためにコーティングを行ないます。彫刻具や研削・研磨具、コーティング関係の道具もありますね。


材料関係で言うと、フェザーワンドに使用する羽根と皮材、クリスタルのストックがあります。
フェザーワンドに装備するクリスタルは、制作途中に決まることが多いのですが、出番を待ってましたとばかりに元気よくストックの中から輝いてアピールしてくる時もありますが、そこにない場合も多々ありますので、その時はぴったりのものをあちこちに探しに出かけます。
同種類のクリスタルでもそれぞれエネルギーが異なるので、注文主に必要なエネルギーのクリスタルを選びます。クリスタルの種類は重要視していません。それぞれのクリスタルの持つエネルギーの輝きに重きを置いています。
完成時に添付する近年の取説には、フェザーワンドからのメッセージの他に、装備されたクリスタルからのメッセージもお付けしますが、一般の種類的意味は度外視し、そのこからの創造されるエネルギーをお伝えしています。


つづく

2015年4月28日火曜日

カスタム制作行程2

カスタムメイドフェザーワンドの制作工程 その2


この辺で、私の作業場の様子をご紹介したいと思います。

ワンドづくりから箱づくりまで、私ひとりで一貫制作するために
作業場には制作に必要な全ての道具がそろっています。

作業台の正面には、ふと閃いたアイデアや、時折降りてきたインスピレーションのイメージやフェザーワンドのデッサン、覚え書きなどを貼りつけておくためのホワイトボードがあります。そこには、お気に入りの写真なども飾ってあります。

壁には大天使ミカエルと大天使ザドキエルの絵が飾ってあります。
いつもその二人には、問答や確認や祈りのために話しかけています。
ミカエルはいつも美しくて、揺るぎない信念が力強くて、ほんとに尊敬しちゃうんですよ。
ザドキエルは質問を投げかけると、無言で答えてくるんですよ。
これが無言なんだけど、それだけで「あっ、そーなんすね。すんません。ですよねー。」って感じで言葉がいらない感じなんです。しいて言うならば、ひと固まりの理解のエネルギーがドーンって感じでしょうか。

作業場に置いてあるものは他にはクリスタルがあります。
ポイントタイプのクリスタルがポンポンポンポン上を向いてけっこう立ってますね。
あとは自分用のフェザーワンドは大型のが2本置いてあります。自分用のはあともう2本ありますが、それは自宅の方へ置いてあります。


つづく

2015年4月26日日曜日

カスタム制作行程1

カスタムメイドのフェザーワンドの制作行程 その1

オーダー受付時にお打ち合わせさせていただきます。

基本的にカスタムメイドのオーダーは、デザイン、羽根の種類、クリスタル等すべておまかせのご注文となりますが、お客様のご希望がある場合にはお伺いし、可能な範囲でご希望に沿っておつくりします。

お打ち合わせ後、ご注文主様の光のリーディングをさせていただきます。
その光の絵をもとに制作を始めます。

まずは光の絵から浮かび上がるフェザーワンドのデザインを見ていきます。
それをデッサンし、粗方の形と気付いた点など書き留めて、光の絵と一緒に作業台の正面のホワイトボードに貼付けておきます。
このデザイン画は、作業を進めていく途中で変化していく場合もあります。
その場合は初めのデザインに固執せず、流れて来るイメージや情報に合わせて柔軟に変化させていきます。
時折、急に降りて来るインスピレーションが「っパーーーン!」というスパークする感覚でとても楽しくて、いつもひとりで躍ってしまいます。この羽根の舞は未だかつて誰にも見せていません。はずいから。

つづく

Evoke the truth

先日完成したカスタムメイドフェザーワンドの納品が完了しました。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 






フェザーネーム
 Evoke the truth

装備クリスタル
 ウォーターメロントルマリン(キャッツアイ)
 ルチルクォーツ(レッドルチル)

今回は、初の遠隔オーダーです。

遠隔オーダーは、メールでのお打ち合わせ後、お写真を1枚お送り(メール)いただき、遠隔にてリーディングをおこないます。
昨年までは、オーダー受付及びリーディングは対面のみでおこなっていましたが、以前より遠隔でのご要望があり、やっと遠隔オーダーをメニューに入れることができました。


只今、A.C.モデル(アートコンセプトモデル)制作中です。
夏頃までには続々と新作を発表できるように日々作業をおこなっていますのでお楽しみに。


Rainbow Feather Feather Wand Homepage
https://sites.google.com/site/rainbowfeatherwand/

2015年4月23日木曜日

Feather Name

RainbowFeatherのフェザーワンドにはそれぞれ名前がついています。

制作にあたり、まず最初に名前から決まるものもあり、
制作途中で決まるもの、完成後に決まるものと、様々です。

今まで制作したもののほとんどが英語の名前となっていますが、上から送られてきたエネルギーを一番近い形で表現できるように敢えて抽象的にしたり、音の響きを大切にしています。

カスタムメイドの場合、以前、お客様からのご要望で、ご指定のフェザーネームでおつくりしたこともありました。



Rainbow Feather Feather Wand Homepage
https://sites.google.com/site/rainbowfeatherwand/

2015年4月17日金曜日

カスタムフェザーワンド

こんにちわ〜、しんごです!

只今、受注中のカスタムメイドフェザーワンドが、ひとつ完成しました!

そしてこれから撮影と箱づくりとワンドスタンドづくり、取説づくりが残っています。
それが完成すると、最後に再度しっかりとエネルギーを整え、発注者とのエネルギーを確認します。
そして、取説と光のリーディングで描いた光の絵を添え、緩衝材で梱包しての発送です。

今回は、発注より4ヶ月弱かかっての完成です。
平均的制作期間は約2ヶ月ですので、今回は長めですね。
今まで最長で半年かかったものもありました。
いつも完成のタイミングは完璧に訪れます。

今回のフェザーワンドは、優美で印象的な面持ちに仕上がりました。